ビジネス英語に自信がないあなたへ 明日から職場で使える4つの方法

語学講師Kのブログ

みなさん、こんにちは。ケンブリッジ大学認定英語講師のKです。私は講師として働く中で、英語力があっても職場での会話やメールとなると自信がない、不安を感じてしまうという方を多く見てきました。このブログでは、そういった方へ向けて私がお伝えしたいアドバイスを書いていきます。

「自分の英語が相手に伝わっているか不安」

「職場で外国人の同僚と話すのが怖い」

実は私も、外資系企業で働いていた際に同じ状況に陥ったことがありました。自分の発言や相手の発言の理解に不安で、英語を話すことすら怖くなったものです。そのステージを乗り越えて今は英語の講師をしていますが、あの時の緊張は今でも覚えています。

では、職場での英語に関する不安を解消するには、具体的にどうしたら良いのでしょうか。私がお勧めするのは次の4点です。

  1. アジェンダを用意する

同僚との会議や上司へのお伺いの際は、必ずトピックや質問を箇条書きにしたものを用意し、それに沿って話しましょう。こうすることで、次に何を話せばいいか焦らずに済みます。論理的に筋立てられた会話は、聞く側にも話す側にも安心感をもたらします。

  1. 発言内容を確認する

「あなたの言ったことはこういうことですか?」と相手の発言を自分の言葉で言い換えるか、相手が Yes / No で答えられる質問をして自分の理解が合っているか確認します。発言された内容を誤解なく受け取るために、こういった会話のテクニックを積極的に利用しましょう。

  1. 大義が分かれば良しとする

細部までキャッチしようとすると、わからない言葉を耳にしてうろたえたり、発話の速さに追いつかず思考停止に陥ったりすることがあります。会議の際は7割程度を目標にして人の発言を聞くと良いでしょう。重要なことは繰り返し言われるものなので、一言一句を追う必要はありません。

  1. 相手も人だということを理解する

間違えたくない、失敗したくない、という思いは誰にでもあると思いますが、間違ったり失敗したりするのが人間です。そして、他人はあなたが思うほどあなたのことを気にしていないものです。自分の行動に自信が持てず不安な時は、その結果として起こりうる状況のワーストとベストを想像し、実際にはその中間くらいの結果になると考えてみると良いでしょう。現実の結果は、自分の想像よりずっとましだったりします。

英語でのコミュニケーションに不安を抱くのは、あなたがそれだけ真剣に英語を学んでいる証拠でもあります。行き詰まっていたとしたら、それは成長のチャンス!

このブログの著者について

こわたりひろみ 英語講師 / 日本語講師 / 通翻訳者。CELTA、TESOL保有。日本語教育能力検定 認定。英検1級、TOEIC980点。レッスンのお問い合わせ、翻訳のご依頼はHPのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

語学講師Kのブログ
この記事をシェアする
語学講師Kをフォローする
SAPIENZA
タイトルとURLをコピーしました